はたらく人

新卒1年目からナショナルクライアントを担当!圧倒的成長を実感できるスタートアップのアカウントエグゼクティブとは

2022年4月エブリーへ新卒入社しアカウントエグゼクティブとして活躍するメンバーに、エブリーの魅力や入社後に取り組んでいることなどを伺いました!

  • 写真左から
  • 牛尾 日向子
  • データソリューション本部 マーケティングソリューションズ事業部 DKクライアントセールス第1グループ
  • 2022年国際基督教大学大学卒業後、新卒で株式会社エブリーに入社。クライアントセールス第1グループに所属し、『DELISH KITCHEN』のアカウントエグゼクティブとして大手食品メーカーを中心に広告営業に従事。
  •  
  • 鳥居 柊真
  • データソリューション本部 マーケティングソリューションズ事業部 DKクライアントセールス第2グループ
  • 2022年立教大学卒業後、新卒で株式会社エブリーに入社。クライアントセールス第2グループに所属し、『DELISH KITCHEN』のアカウントエグゼクティブとして飲料や菓子メーカーの広告営業に従事。
  •  
  • 木村 咲
  • データソリューション本部 マーケティングソリューションズ事業部 パートナーセールスグループ
  • 2022年青山学院大学大学卒業後、新卒で株式会社エブリーに入社。クライアントセールスで新規営業を経験したのち、パートナーセールスグループにてBtoBマーケティングに従事。

アカウントエグゼクティブ(AE)とは

ーみなさんはマーケティングソリューション事業部に配属され、アカウントエグゼクティブとして従事されていらっしゃいます。まず、アカウントエグゼクティブというとはどんな職種なのか教えていただけますか?

牛尾:組織名にもなっていますが、『DELISH KITCHEN』のアカウントエグゼクティブ(以下、AE)はクライアントの課題解決を推進していくマーケティングパートナーです。一般的には広告営業などとも言われますが、決まった広告枠を売るのではなく、全てのファネルをカバーしたソリューション提案でクライアントの”パートナー”となり、長期的に伴走しています。

鳥居:『DELISH KITCHEN』アプリの視聴率・お気に入り数などの「認知」「理解・関心」ファネルの行動データに加え、店頭サイネージをはじめとした「リテールメディア」による店内行動・購買数などの「購入」ファネルのデータも活用して、認知〜ファン化までメーカーのマーケティングをサポートしています。

ー所属しているマーケティングソリューションズ事業部はどんな組織なのでしょうか?

木村:私たちが所属しているマーケティングソリューションズ(以下、MS)事業部は、流通・小売向けのサービス提供をしているリテールソリューションズ事業部とともに、データソリューション本部内にあります。

MS事業部は『DELISH KITCHEN』などのメディア広告をソリューションの中心に据え、企業のマーケティング課題をトータル的にサポートする組織です。大きく5つの役割があり、戦略立案から広告商材の開発などを行う「事業戦略」、メーカーへの営業を行う「クライアントセールス」、広告代理店への営業を行う「パートナーセールス」、受注案件の企画立案を行う「ストラテジックプランニング」、事業全体のサポートを行う「業務推進」などの部署があります。

ーでは、みなさんが現在携わっている業務について、簡単に教えてください!

牛尾:私と鳥居が配属されているクライアントセールスでは、食品メーカーを中心にクライアントの様々な課題をヒアリングし、その解決に向けてタイアップ広告だけではない、新たなマーケティング戦略をクライアントに寄り添って考えています。その中で私は、クライアントセールス第1グループで、大手食品メーカーを中心に担当しています。

鳥居:私はクライアントセールス第2グループに所属しています。食品メーカーの中でも飲料や菓子メーカーなどを中心に担当しています。

木村:私は最近クライアントセールスから異動になったのですが、パートナーセールスでは広告代理店向けに当社が運営する各メディアの営業を行い、代理店経由で案件を獲得してくるという動き方をしています。直近は、インバウンド獲得を目的にしたtoB向けのWebサイトの新規立ち上げを行っています。

 

大きな裁量の中で圧倒的な成長を感じられる

ー入社してから半年ほど経過しましたが、どんなことにチャレンジしてきたのでしょうか?3人とも全社会議(通称、FEM)の中で報告されるような受注実績をあげられていたので、ぜひその裏側を聞かせてください!

牛尾:担当としては、グローバル展開をしているような日本を代表する食品メーカーが中心です。5月末からクライアントワークをスタートし、6月からは2年程お取り組みのなかったクライアントの担当となり、その開拓にチャレンジしてきました。

最初は名刺交換をするだけでも緊張していましたし、課題ヒアリングといっても何から聞いていいのか右も左も分からない状態でした。でも、エブリーは実践の中でどんどん経験をさせてくれます。足りないところは先輩方がフォローしてくれますし、商談の後もたくさん反省のフィードバックをいただいていました。そうした経験を繰り返す中で、自ら調べた過去の取り組みを参考に、提案をゼロから作り上げていき大型受注を獲得することができました。

鳥居:私が所属している第2グループは食品の中でも飲料や菓子メーカーなどが中心です。料理に直接紐付く商材ではないので『DELISH KITCHEN』とは親和性が高いわけではないのですが、そこをどう柔軟に提案していくかということにチャレンジしています。

最近受注した案件では、接点が途絶えないように積極的にアポをとり、若年層へのアプローチや、オフラインへの販促活用などクライアント課題を丁寧にヒアリングしていきました。そうしたことで『DELISH KITCHEN』の中でも新しくできたプランがハマるのではとひらめき、提案。説明する時もデジタル面の配信で終わらせず、レシピ動画をどうオフラインの販促物に落とし込めるのかイメージを丁寧に伝えたことでその場で即決していただけました。

木村:私は入社してから、新規開拓→広告代理店営業→BtoBマーケティングと3つの領域を経験させていただいています。クライアントセールス時代は、新規顧客の開拓を担当していたので人生初のテレアポにも挑戦しました。正直悩むことも多かったのですが、先輩方にサポートをいただいたおかげで8月に新規クライアント様の受注額が1位なりました。

またパートナーセールスに異動してからは、博報堂や電通など大手代理店に対して『DELISH KITCHEN』『MAMADAYS』などのメディアについて知ってもらうための営業活動を行っていました。現在は、新たにtoB向けマーケティングの一環としてWebサイトの立ち上げることになり、その実現に向けてチャレンジ中です。

ー悩むこともあるとおっしゃっていましたが、やはり大変だったことはありましたか?

牛尾:大学の同期が新卒研修を受けているという話をする中、私は既にクライアントに提案を持って行っていました。情報をキャッチアップしながら、今日できなかったことを明日はできるようにならないと…というスピード感とプレッシャーに打ち勝つのが大変でした。

木村、鳥居:わかるー!

牛尾:どんどん新しい情報をインプットしているので忘れてしまうこともあるのですが、そういう時は新卒同期の中で確認し合ったり、時には提案内容も相談したりしていますね。

鳥居:いい刺激になってるし、勉強にもなってるよね。

木村:私も、新卒数ヶ月目でここまでやらせてくれるのか!?というぐらい仕事の幅&量が多かったので、慣れるまではとても大変でした。知らないこと、できないことが不安に繋がっているなと感じたので、本を読むなどインプットを増やして営業の奥深さを学んでいったんです。知識が増えると実践したいことがどんどん湧いてきて、プレッシャーから楽しさに変わっていきましたね。

鳥居:新卒で入社してから今まで、通常では考えられない規模のクライアントを任せて頂いています。難易度も高い分悩むことは多いですが、そういう時はマネージャーやチームメンバーに相談すると自分では考えもしなかったアイデアがもらえますし、反対にリスクの指摘ももらえます。それを提案に落とし込んで、実践してーーという、このサイクルをものすごいスピードで回している実感があり、サービス理解・事業理解が進んで提案もスムーズになってきたなと思います。

 

 

挑戦を後押しする風土と成長機会がエブリーにはある

ーすごいスピード感で成長を実感できているんですね。エブリーで働いてみて、やりがいを感じたり面白さを実感するときはありますか?

牛尾:クライアントの為に一番良い提案を自分で考えることができることですね。裁量が想像の5倍で驚きました。(笑)一番難しいところですが、提案した時に「まさにこんな提案を待っていたんだよ」と言ってもらえると涙が出るほど嬉しいですね!

木村:元々営業は商品を売り込むというイメージがあったのですが、『DELISH KITCHEN』で営業してみると、ただの広告営業ではなく、施策などを企画し提案する”企画営業”だったので課題解決をしているんだなと感じられて、そこはいいギャップでした。

あとはやはり新卒でも裁量があるところだと思います!前述の通り、もちろんマネージャーのサポートもありますが、Webサイトの立ち上げのプロジェクトオーナーを新卒ながら任せてもらっています。エブリーでも前例のないことに取り組んでいるので本当に手探りで…ですが、ゼロから生み出す企画の仕事をしたいと思っていたので主体的に仕事ができてとても充実しています。

鳥居:柔軟に提案できることかなと感じています。特に、私の担当している業種は、『DELISH KITCHEN』と親和性が少ないこともあり、前例の無いことを提案する機会も多く、ゼロから新しいことを考えられるのは非常に楽しいです!

ー2年目までにどんなところを目指していきたいですか?

牛尾:まずは1人でアポに行けるようになることです。先輩の同席なしでも、こいつなら任せられるとクライアントのみなさんに信頼してもらえるような営業マンを目指していきたいと思っています!

木村:以前、営業チーム向けに優先的にアプローチした方がいいクライアントを案件受注率などから算出して提案したことがあったのですが、メンバーから「いいね!」「これで進めよう!」と言ってもらえてとても自信になりました。今度は今立ち上げているWebサイトでしっかりとインバウンドを増やして、また一つ成功体験を積みたいです。

鳥居:まずは1人立ちすることですが、やはりエブリーにはまだない新しい事例を生み出すことにこだわって挑戦していきたいですね。視野を広げてクライアントに刺さる提案をして、事例を創出することでしっかり事業に貢献していければと思います。

ー最後に就活をしている学生のみなさんにメッセージをお願いします!

牛尾:私自身、就活時は明確なビジョンを持っていたわけではなく、ただ情熱的に仕事をしたいという気持ちはありました。面接の中で自ら企画を提案し、社長である大成さんからのフィードバックを通して、エブリーなら営業スタイルが柔軟で面白そうだと感じて入社しました。実際その通りで、自分が考えたことを業務に反映させることができ、新卒でも責任を持って業務を推進することができています!同じように、熱い気持ちを持っている方と一緒に働くことができたら嬉しいなと思います。

鳥居:繰り返しにはなりますが、他社や大手では任せてもらえないようなビッグクライアントも新卒から任せてもらえる裁量の大きさが一番魅力的だと思っています。アグレッシブに仕事をして、成長していきたい人にはピッタリかなと思います。

木村:早く経験を積みたい!という方におすすめですね。私はエブリーで成功体験をたくさん積ませてもらっています。徐々に自分のやるべきことを見つけて自発的に提案したり、最近では相談をもらえるようにまでなってきました。エブリーは本当に新卒から多くのことを任せてもらえる環境があり、早く経験を積める会社です。先輩もたくさんフォローしてくれますし安心してチャンレンジしてほしいですね。

 


 

みなさんありがとうございました!
仕事の話をしているときはキリッとしているけど、和気あいあいとした雰囲気が伝わってきて新卒同期の良さを改めて実感しました。
エブリーの成長を牽引する存在として、期待しています!

新しいメディアを共に創りましょう!

株式会社エブリーは『動画を通じて世界をもっと楽しく、もっと充実した毎日に』をモットーに、動画の制作・配信を行い、新しい動画体験を多くの人々にお届けしています。

related entries

「食」のプロとしての知識を生かして流通・小売の課題を解決するサポートをしたい【フードスタイリストシリーズ】
YouTubeマーケティングを成功させる3つのポイントとは? 広告効果にコミットする『TIMELINE』のソリューション事例
仕事も家庭も諦めない。活躍するアカウントエグゼクティブのキャリアと働き方